リンダ リンダ リンダ

Linda Linda Linda
2005/日
監督/山下敦弘
出演/ペ・ドゥナ 前田亜季 
    香椎由宇 関根史織
★★★★

熱き青春 ガールズバンド魂
高校生活最後の文化祭に向けて練習を重ねて来た芝高3年生の女子バンド。メンバー5人のうち2人が急遽出られなくなり、バンドは空中分解‥。残った響子(前田亜紀)恵(香椎由宇)望(関根史織)の3人はボーカルを韓国留学生ソン(ペ・ドゥナ)に頼みます。曲名はブルーハーツの「リンダ リンダ リンダ」。ステージまでの4日間、猛練習が始まります。

昨年の「スウィング・ガールズ」は女子高生達のジャズ演奏がエンターテイメントしていましたが、「リンダ リンダ リンダ」はロックを通して描かれる高校生たちの学園生活や友情が自然でリアルでとても瑞々しいです。俳優さんたちも演技してると言うよりも、その時の心情をせりふでなく、表情や涙、笑顔で表現しているので伝わるものがありましたね。ステージで演奏するということは思った以上に大変ですが、みんなで練習や食事をした何気ない日常のシーンが後からとても懐かしく思い出すのかもしれません。つらい思い出は数年で消えるけれど、楽しい思い出は一生残ると私は思っています(笑)

ソンさんを演じたペ・ドゥナちゃんの存在感が光っていましたね。彼女は美声なので歌はもちろん日本語のせりふもとても美しいと思いました。2年生の裕作くんに告白されるシーンも微笑ましくて、素敵な日韓友好のドラマでもあるのですね。初めて4人で音合わせをした時、響子が‘ヒドイ‥’と思わず言った時はこちらも大丈夫かなと心配になりました。でも本番ではうたた寝をしてずぶ濡れになりながらも、あんなに冷え切った体で演奏をして歌えるのは若さの特権かも‥。誰もいない教室、プール、校庭のフラッシュバックがノスタルジックで切なくなりました。映画「スタンド・バイ・ミー」に通じる、青春時代はもう戻らないから若い時の友情や好きなものは大切にしようと言うメッセージに感動しました。そして音楽に国境はない、自分の気持ちをストレートに表現できるロックが若い人たちに支持されるのも分かりますね。


奥様は魔女

Bewitched
2005/米
監督/ノーラ・エフロン
出演/ニコール・キッドマン ウィル・フェレル
   シャーリー・マクレーン マイケル・ケイン
★★★★

本物の魔女が憧れる普通の恋
ロサンゼルスの空から舞い降りた魔女イザベル・ビグロー(ニコール・キッドマン)は人間界での普通の生活、仕事、恋に憧れています。そんなイザベルが心配な父ナイジェル(マイケル・ケイン)ですが‥。その頃TVドラマ「奥様は魔女」のリメイクでサマンサ役を探していた俳優ジャック・ワイヤット(ウィル・フェレル)はイザベルに白羽の矢を立てます。快く承諾したものの、自分はジャックの引き立て役でしかないことに気づき、撮影中に魔法を使ってイタズラをしかけます。けんかをしながらも惹かれ合うふたりの愛の行く末は‥。

1960年代の「奥様は魔女」のリメイクではなく、ストーリーは一ひねりあります。ドラマとしては後半の盛り上がりが少し物足りないのが残念でしたが、全編ニコールの魔女ぶりがとても可愛くて素敵でした。パステルカラーのカシミアのニットが上品で細身の彼女にお似合いでしたし、ビーズやコサージュ、柔らかいロングスカートなどイザベルの愛の気持ちをファッションのカラーで表現しているよう‥。ニコールがエリザベス・モンゴメリーの雰囲気にそっくりなのはびっくりしましたね。ドラマのダーリンは人が良くて優しいキャラだけど、ダーリン役のジャックは頼りがいがありそうです。いつもイザベルを守ってくれそう‥。ちょっと強面の表情でコメディを演じるところがとてもチャーミングですね。

パパ役のマイケルはさすが大御所の貫禄ですね。ジャケットを肩にかけたり、スーツを粋に着こなしたりと思えば、マーケットでの愉快なパフォーマンスは素敵過ぎ!ドラマの母親役のシャーリー・マクレーンはお年は召しても、コケティッシュな魅力そのままなのがとても嬉しかったです。セット内で煙を出す場面や聴衆の笑いをドラマに取り入れる様子が丁寧に描かれていましたが、聴衆も演技の成功や失敗に合わせて笑いを上手くコントロールしているのですね。俳優、スタッフ、聴衆が一体となってドラマ作りをしているところが素晴らしいです。可愛い魔女が出てくるお話と言えば「メリー・ポピンズ」「シンデレラ」などを思い出しますが、サマンサは悪戯好きだけどきっと愛すべき魔女でしょう。魔女はパワフルだそうですが、奥様なら普段は優しくてもいざという時は魔法でダーリンを支えてあげたいですね。


浮雲

1955/日
監督/成瀬巳喜男
出演/高峰秀子 森雅之 中北千枝子
    岡田茉莉子 山形勲 加藤大介
★★★★

逢瀬を重ね堕ちて行く男女
農林省の技官としてインドシナに赴任した富岡(森雅之)を追って来た幸田ゆき子(高峰秀子)。現地で愛人関係だった二人も終戦後日本に戻ってみると妻と別れない富岡に絶望するゆき子です。別れとよりを戻すを繰り返して、ついには鹿児島の離島まで彼についていくゆき子はそこで悲しい最後を迎えます。

たおやかな香りの大人のムードが漂う作品ですね。時代も終戦の退廃的な雰囲気が良く出て当時の日本の社会の空気が感じられます。富岡とゆき子のインドシナ森林での仲睦まじいシーンが素晴らしいです。最後のフラッシュバックにも現れるちょうちん袖のワンピースのゆき子の可愛らしさはうっとりしてしまいます。富岡に実年齢より少し上に見られてふくれるところや、二人が視線を交わす何気ないしぐさもいいですね。男としてはずるい面もある富岡に捨てられながらもまた会って、憎まれ口をたたいて泣き言を言って別れてもまたいつの間にか会ってしまう‥男女の恋愛感情は不思議です。富岡は地味で寡黙、男らしさも甘さもないのに、ゆき子が惚れ込むのが納得できないですよ。

夫のいるおせい(岡田茉莉子)と浮気をしたり、借金を頼みに来たり、会えば愚痴ばかりだけど優しいと言えば優しいのかな〜。でも心の奥ではゆき子が忘れられない存在だったことは否めないですね。富岡と会って‘こんな風に会って時々おしゃべりをするだけでいい’‘女は捨てられても、そこからまたどうにか生きていくものよ’‘女はどこにでもいるなんて悔しいわ’と言うゆき子のせりふの妙が光っていますね。ちょっと低めで美しい敬語の会話がとても心地良いです。重病の体で電気もない島まで富岡について行くのは、惚れた男性のそばで死にたいと言うゆき子の壮絶な女心を感じます。死に顔に口紅を塗るシーンは白黒なのに紅色が感じられる名場面ですね。最後に林芙美子の有名な詩が詠まれますが、ゆき子の人生そのままでとても味わい深いです。


チャーリーとチョコレート工場

Charlie and the Chocolate Factory
2005/米
監督/ティム・バートン
出演/ジョニー・デップ フレディー・ハイモア
    デイビッド・ケリー ヘレナ・ボナム=カーター
    ディープ・ロイ クリストファー・リー
★★★★

世界一甘いファミリーとチョコレート工場
チャーリー・バケット少年(フレディ・ハイモア)は父(ノア・テイラー)と母(ヘレナ・ボナム=カーター)と4人の祖父母と貧しいながらも幸せな毎日を送っていました。家の近くに世界一有名なウォンカのチョコレート工場があります。ある日チョコレートに入った‘金のチケット’を当てた5人の子供達に工場を見学!という嬉しい声明が、工場主ウィリー・ウォンカ氏(ジョニー・デップ)から発表されました。世界中の子供達が金のチケット総奪戦を繰り広げる中、チャーリーも年に一度しか買わないウォンカのチョコレートに夢を託します。

ティム&ジョニーコンビの作品は映像もストーリーも独創的ですが、「チャーリー」は今まで以上に二人の思いが一致して素晴らしいコラボレーションを見せています。「シザーハンズ」や「ショコラ」のオマージュのようなテイストも楽しいですね。謎に包まれた工場の中のチョコレートの川、キャンディーの木、ミント・シュガーの草花、お砂糖の船と奇想天外な映像も楽しいです。何十人ものウンパ・ルンパやリス100匹がCGでなく、それぞれが全て本物なのもバートン氏のこだわりを感じます。ストーリーは十戒ならぬ子供達への5つ(4つ?)の戒めになっていますね。肥満少年、我がまま娘、賞取り少女、ゲームおたくになってはいけないと言うのは、子供だけでなく大人にも言えてそう‥。ティムもジョニーもセレブでお金持ちなので、ソルト親子のようにならないようにと思ってしまいます(笑)

どこの親でも子供には立派な人間(出世とかではなく人間的に)になって欲しい、幸せになって欲しいと願っているはずです。チャーリーが何よりも家族を大切にしたことで大きなご褒美がもらえるのは気持ち良く感動しましたし、家族があってこそ甘い人生が送れるということも本当だと思います。だからパーフェクトな形でなくても、ひとりでも多くの人が孤独な人生を送らなくても良いようにと願うばかりです。ウィリーも父親との再会で閉ざされていた心が開かれたでしょうから。フレディー・ハイモアくんの美しい瞳の輝きが印象深いですが、ジョニー・デップとの相性がとても良いですね。「ショコラ」を観た時はホットチョコが飲みたくなりましたが、「チャーリー」はもちろんチョコのお菓子が食べたくなりましたよ。


サマータイムマシン・ブルース

summer time machine blues
2005/日
監督/本広克行
出演/瑛太 上野樹里 与座嘉秋 
   川岡大次郎 ムロツヨシ 永野宗典 
    本多力 真木よう子
★★★★

バック・トゥ・ザ・昨日!!
ある地方の大学のSF研究会の5人の男子学生、甲本(瑛太)新美(与座嘉秋)小泉(川岡大次郎)石松(ムロツヨシ)曽我(永野宗典)と女子写真部員の2人、柴田(上野樹里)伊藤(真木よう子)はクーラーのリモコンがが壊れて部屋でぐったりとしていたその時、部屋の隅にあるタイムマシーンにふと気づきます。半信半疑で昨日に合わせてレバーを引いてみると‥さぁ大変!楽しくて何だか変な夏の1日が始まります。

懐かしいような山や街並を見て、故郷に戻ったような気がしてたら、撮影場所がほんとうに故郷で、しかも二年間教えに通った学校でしたので余計作品への愛着が沸きました。楽しくて知的で感動も味わえる作品、私にとっては何十年ものタイムトリップをして若い頃に戻ってつかの間の幸せを味わうことができました。グランドで5人の学生と飼い犬ケチャが野球を楽しむシーンは普通でしたが、クーラーのリモコンが壊れてからタイムマシーンを見つける頃にはすっかり画面に引き込まれてしまいました。脚本が素晴らしいのと俳優さんたちのチームワークがとても良かったし、コントっぽいせりふの妙と間の取り方が絶妙で楽しかったですね。クーラーのリモコン欲しさに昨日と今日を行ったり来たりするのはちょっと淋しすぎるけれど、でももしタイムマシーンが壊れても昨日だったら1日寝れば翌日になるから安心っていう気持ちもあったのでしょう。分かる‥

昨日と今日を同じ部室内で行ったり来たりするものだから、事情を知らない自分達と鉢合わせしないようにするのが一苦労!友人たちを戻すために何度もタイムマシーンに乗ってしまう甲本くんと99年前の沼に落ちてしまった(学校の怪談っぽい)曽我くんのシーンがツボにはまって可笑しかったです。途中何度も時間が細かく前後するからちょっと混乱しますが、落ち着いて考えるとちゃんと理にかなっているところがすごい‥。タイムパラドックスやミッションコンプリートなど普段聞きなれない言葉にもロマンを感じてわくわくしましたね。25年後の未来人、田村くんはとても未来人には見えなかったけれどいいキャラでした。名画座の映画館主人も味がありましたよ。個性豊かな5人の中でいつも冷静で落ち着いている柴田ちゃんと伊藤ちゃんも素敵でした。この年頃って男子より女子の方がお姉さんっぽいかも。ラストのオチも楽しいな。監督は香川県出身なので善通寺という微妙に田舎の町を選んだところも嬉しかったりします。