最後の恋のはじめ方

2005/米

監督/アンディ・テナント
出演/ウィル・スミス エヴァ・メンデス
   ケヴィン・ジェームズ アンバー・バレッタ

Dr.ヒッチの可笑しくてまじめな恋愛講座
ニューヨークでデート・ドクターなるコンサルタント業を営むアレックス・ヒッチ(ウィル・スミス)。彼の仕事の相手は恋愛は苦手だけど本気の恋を望んでる人達です。今まで恋を成就させたカップルは数え切れないほど‥。今度の依頼主は会計士アルバート・ブレナマン(ケヴィン・ジェームズ)。恋のお相手はかなりのセレブ嬢です。彼の真剣な愛を実らせるためにアレックスの恋愛指南が始まります。


Dr.ヒッチの‘恋愛の法則’は可笑しいけれど的を得ているし‘恋愛の名言集’はなかなか奥が深いですね。アレックスのデート作戦でアルバートの恋が成就してゆく様子は爽快でしたよ。会議でアレグラ(アンバー・バレッタ)の気を惹くことに成功して次はダンスの講習を受けたりと涙ぐましいです(このシーンは最高!)そんなアレックスも自分の恋愛になると結構不器用なんですね〜。お相手は「NYスタンダード」紙の記者サラ(エヴァ・メンデス)ことエヴァちゃんがとってもキュート!アレックスとの初対面で髪を後ろで結んだアクセサリーなしの眼鏡姿が可愛いかったです。ハドソン河で楽しんだジェット・スキーやエリス島での凝った演出もなぜか上手く行かずで観てる方もどきどきでしたが‥。ついに彼の仕事をサラに暴露された時はどうなるかと思いましたが真実の‘愛’があれば大丈夫ですね。

ウィルの地で演じてるようなハッピー・パフォーマンスがいいですね。ラブコメがこんなにお似合いの俳優さんだとはびっくりしました。それにしてもセントラルパークやソーホー・ハウス、マディソン・スクエア・ガーデンの美しい景観が恋のお話を引き立てていて素敵。ライス・トゥ・リッチズのライス・プディングも食べてみたいな。細身のバレッタのプラダやシャネルの洋服のセンスもサラのジャーナリスト・セレブ・ファッションもnice!こんな爽やかなラブコメを観たのは久し振りです。教えて頂けなかったら見逃すところでしたよ!‘恋愛にルールはない’まさしく。Happyになれる作品なので再見したいな〜(笑)


電車男

2005/日
監督/村上正典
出演/山田孝之 中谷美紀 国仲涼子
    木村多江 三宅弘城 大杉漣

HITCH

電車の中で花開いた恋

オタク青年(山田孝之)はある日電車内で暴れる男性から美しい女性(中谷美紀)を救ったお礼に彼女からエルメスのペア・カップが送られてきます。電車男は慣れない恋に不安を抱えていますが、ネットでこのことを投稿すると、見知らぬ人たちから激励の言葉が掲示板に書かれています。ファッション、会話術を教えてもらい、彼らのアドバイスを受けてデートに出掛け彼女との交際が始まります。

最近の若者はオタク族と呼ばれる人たちが増えたのだな〜と感じました(私も若者ではないけれど、どちらかと言えばオタクの人種に入るかもしれませんが‥)反対に家にいることはほとんどなくて、いつも外で友人たちと遊んでいる人たちがいるのも事実ですね。この映画は女性に対しても消極的な電車男さんの恋のチャンスを見事に掴んだ感動的な物語です。彼はいつも自信のなさそうな態度でエルメスに接しているので、ネットの名無しの投稿者たちと一緒に私も‘電車男さん頑張って!’と応援してました。電車男さんは純で愛らしいところがあるから、その一途な気持ちをみんなが応援したくなるのですね。彼らもそうすることで自分たちも幸せになりたいと思っているのかもしれません。何の面識もない名無しさんたちの善意は(このさつばつとした世の中で)奇跡のように感じました。

そしてエルメスは完璧なお嬢さん。お嬢さんと言えば世間知らずで人の気持ちが分からないと言うイメージがありますが、エルメスは教養、学問に優れ、物事の本質を見て、人の気持ちにも答えてあげられる優しい女性です。電車男さんは落ち込んでいてもハッピーな時でも、一番大切な気持ち‥エルメスを想う気持ちが変わらなかったから恋が成就したのだと思いますね。根本に愛があれば少しばかりの欠点は許せるでしょう?勇気を振り絞って好きな女性にアタックしたら新しい人生が開けるかもしれない‥若者たちに観て頂きたい恋愛讃歌です。山田孝之さんは純粋で一途な男性を好演していましたし、中谷美紀さんはドラマ「ハルモニア」の天才チェリスト役が印象的でしたが、今回も理想のお嬢さん役を見事に演じて素敵でした。


宇宙戦争

WAR OF THE WORLDS
2005/米
監督/スティーブン・スピルバーグ
出演/トム・クルーズ ダコタ・ファニング ティム・ロビンズ
    ミランダ・オットー ジャスティン・チャットウィン

異星人の地球侵略に立ち向かう家族の愛と勇気

レイ・フェリアー(トム・クルーズ)は離婚した妻マリー・アン(ミランダ・オットー)から週末に息子ロビー(ジャスティン・チャットマン)と幼い娘のレイチェル(ダコタ・ファニング)を預かることに‥。その直後、激しい雷と嵐が起き、恐ろしい異星人トライポッドの地球攻撃が始まります。レイは子供たちをニュージャージから母親のいるボストンに連れて行くために必死の逃亡を続けます。

スピルバーグ監督の作品の中では感動作「E.T.」が一番好きですが、一番恐いのがやはり「ジョーズ」なので「宇宙戦争」はその両方を備えている作品と言えるでしょうか?(笑)冒頭の家族の団欒の後に異星人トライポットが地底から出てくるシーンは迫力十分、見応えがありましたね。全身が現れた時は昔から人々が思い描いている宇宙人‥軟体動物のイカを思わせるような形で愛嬌も感じました。でも一瞬のうちに全てを焼き尽くす破壊力はやはり恐怖ですね。世界16ヶ国で出没して地球規模の侵略と言うのも恐ろしいです。でも「未知との遭遇」「ジュラシック・パーク」「タイタニック」を思わせるシーンはスピルバーグの遊び心が感じられる粋な演出ですね。

レイがレイチェルを身を挺して守る姿は感動的でした。親子の愛情がレイのヤンキースカラーの青とロビーのレッド・ソックスの青と白のキャップ、レイチェルのラベンダー色の馬のポシェットとファッションにも込められていて素敵‥。トムも子役の二人が素晴らしいのはもちろん、妻マリーを演じたミランダ・オットーはこういう役がとてもお似合いの女優さんですね。ティム・ロビンズのパニックの中での恐い人も上手でさすがだと思いました。モーガン・フリーマンのナレーションも淡々として説得力がありましたね。トライポッドが絶命するのは最初に伏線としてあったのでそれなりに納得はできましたが、少し物足りなさも感じたのは否めませんが‥。家族愛がテーマになってるところはスピルバーグらしく、そういうところも万人に愛される作品だと思います。


★★★★

★★★

★★★

Dearフランキー

Dear Frankie
2004/英
監督/ショーナ・オーバック
出演/エミリー・モーティマー ジェラルド・バトラー
    ジャック・マケルホーン メアリー・リガンズ         

★★★★

手紙に込められた母と子の愛
リジー(エミリー・モーティマー)は9歳の息子フランキー(ジャック・マケルホーン)と母ネル(メアリー・リガンズ)3人でグラスゴー近くに引越してきます。父親の暴力でフランキーは耳に障害を受け、父親から逃れる生活を送っているのです。真実を話せないリジーは、架空の父親に手紙を書かせてその返事をリジーが書いてフランキーに渡していました。


舞台はスコットランドの南西部の美しい海辺の町です。お話は派手な演出もなく淡々と進みますが、終わった後の余韻が優しくて、家族や人のつながりについて深く考えさせられます。まず一番印象的だったのが、父親の暴力(ドメスティック・バイオレンス)ですね。現実にこういう事件はよく起こっていることですが、どんな理由であれ暴力は絶対に許されないことだと思います。危篤のベッドの中でも父親はリジーの前で激昂するのを見てると、こういう性格は容易には直らないのだと暗い気持ちになりますね。でもフランキーの性格がとても良いので救われます。聴覚に障害があっても聡明でとても利発なんですね。学校ではちょっと意地悪をするリッキーがフランキーは憎らしいのではと思いきや、彼の弱点(地理が不得意)を知ると無視できずに友達になるところが微笑ましいです。

父親が乗っているACCRA号が町に寄港することになって、1日だけフランキーの父親になってくれる男性がストレンジャー(ジェラルド・バトラー)です。最初はビジネスだったのに、リジーとフランキーに愛情を感じていくようになるのを見ていると、3人が幸せになってくれたらと願わずにはいられません。ストレンジャーの‘フランキーはあなたに守られて幸せだ’と言うせりふにリジーは救われたことでしょう。でもほんとうはリジーがフランキーに守られているのかもしれませんね。全てを知っていたフランキーの包容力は涙をさそいます。ジェラルド・バトラーさんが「オペラ座の怪人」と違って静かで逞しい男性を演じてますます高感度がアップしました。お母さん役のエミリー・モーティマーさんも愛情溢れる母親役と、揺れ動く女心を見事に表現していたと思います。フランキーを演じたジャックくんの優しい瞳の輝きが今でも忘れられません。



スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐

STAR WARS EPISODEV
2005/米
監督/ジョージ・ルーカス
出演/ヘイデン・クリステンセン ユアン・マクレガー
    ナタリー・ポートマン イアン・マクダード
     

★★★★★

はるかなる銀河伝説、帝国の誕生秘話
ジオノーシスの戦いから3年、共和国とジュダイ騎士は分離主義者の討伐のために宇宙で激しい戦闘を展開していました。若きジュダイ騎士アナキン(ヘイデン・クリステンセン)はパルパティン最高議長(イアン・マクダード)とジュダイ評議会の間で板挟みとなっていました。しかしダークサイドの誘惑に魅せられた彼は権力と、愛するパドメ(ナタリー・ポートマン)を救う力を得るためにダース・シディマスと契約を交わし、遂にシスの暗黒卿ダース・ベイダーとなります。

27年前に初めて「スター・ウォーズ」を観た時の感動は今でもはっきり覚えています。広大な宇宙での基地、戦闘シーン、可愛いロボットたちの登場、ハン船長とルーク、レイア姫の友情とロマンスにわくわくさせられました。当時SFXシーンは素晴らしいの一言でした。「帝国の逆襲」はダース・ベイダー、ヨーダの登場で戦闘もますます激しくなり予期せぬクライマックスは印象的でまさにSF大作でしたね。「ジュダイの復讐」は凍結されたハン船長をルークとレイアが助けに来て、帝国軍に戦いを挑んだ旧共和国軍が勝利します。そして1999年から始まったエピソード1でアナキンの少年時代が描かれルーク、レイアの母アミダラとルークの師オビ=ワンとの出会いなどが描かれています。2ではアナキンとパドメの恋が中心に描かれ、ヨーダとジャンゴ・メイス、ドゥークなどの戦いが繰り広げられます。そして今回の3はオビ=ワン(ユアン・マクレガー)とアナキンの師弟対決、ヨーダとジディアスの戦いでライトセーバーの決闘シーンなどSFXシーンの迫力には圧倒されました。

エピソード3はやはりアナキンがどのような理由でダースベイダーになったのか長年の謎が解明されましたが、ハッピーエンドではないので満足度100%とは言えないですね。アナキンがパドメの悪夢を見てパドメを助けようとヨーダに相談しても、人への執着はダークサイドへの道と教えられるだけです。シスに服従して幼い者、年老いた者全てのジュダイを滅ぼしたアナキン。心を痛めたオビ=ワンとの対決は観客の心も悲しみに落とし入れ、そして死闘の末に遂に銀河帝国の誕生となります。このエピソード3を観て、大好きな最初のシリーズを再見するのが楽しみになりました。戦うという行為は残酷なので、スター・ウォーズは宇宙での様々なキャラクターたちの活躍と映画のお祭りとして映画ファンの心にずっと残り続けて欲しいですね。あの素晴らしいテーマ音楽と共に‥。27年間に渡る広大なスペース・オペラで私たちを楽しませて下さったジョージ・ルーカス監督他、スタッフ、キャストの皆様、ほんとうにお疲れさま、そしてありがとうございました!!