生まれつき心臓が悪く、心臓移植を受けて奇跡的に健康を回復したフローリストの
ヘウォンと突然の事故で恋人を失った失意のミヌの恋の物語です。
ふたりは全く面識がないのに空港ですれ違った時にヘウォンの心臓がドキドキと
高鳴ります。ここからふたりの運命の出会いが始まるのですが‥。友人と山に
登った時、ヘウォンはミヌに助けられ、山小屋で一晩過ごすことになります。

ミヌの恋人ウネ(突然事故で亡くなってます)の好きな言葉や音楽がヘウォンの
口から次々と出てくるのを聞いて、ミヌの心臓の鼓動も高鳴るのですね。
ヘウォンは自分の心臓提供者が男性と知らされているのですが実は‥というところ
からふたりの関係がうまく進まなくなります。ヘウォンの恋人チョンジェ、ミヌに
思いを寄せるチョンアとの四角関係、友人、両親たちのドラマが二転三転して
最後まで目が離せません。「夏の香り」のタイトルらしくとても爽やかなラストでした。
(超ネタバレ)
ヘウォンがミヌの愛情を受け入れられないのは、彼女がミヌの恋人ウネの心臓を
持っているので心から自分を愛してるのではないと言う気持ちからどうしても
抜け出せないからなのですね。

脚本は「冬のソナタ」のユン・ウンギョンとキム・ウニなので構成が良く似ています。
せりふがやはりすばらしくて、音楽もシューベルトのセレナーデ、シューマンの
子供の情景が、美しい緑と花々の映像に良くマッチしています。
ホン・スンホンは「秋の童話」の時とイメージが違って、茶髪が良く似合っていて
誠実な演技が好感もてますね。大好き♪ ソン・イェジンはとても爽やか美人です。
ふたりの相性が良いのもドラマの成功の一因になっていると思います。
秋の紅葉、冬の雪、夏の新緑とユン・ソクホ監督の美しいドラマ作りへの
情熱に脱帽です。



春川(チュンチョン)の高校生ユジンはある日バスに乗り込み居眠りをして乗り過ごし
転校生チュンサンと見知らぬ駅で降りてしまいます。それがユジンとチュンサンの
出会いです。ある日ユジンとチュンサンは学校を抜け出して湖で雪だるまを作って
遊び、お互いにほのかな想いを抱き始めます。クラスメートで山にキャンプに出掛け、
ユジンが道に迷った時、彼女を見つけたのはチュンサンでした(運命的なものを
感じますね) 翌朝、クラスメートたちがチュンサンが事故で死んだと知らされても
彼の死が信じられないユジンでした。

10年後、ユジンとサンヒョクの婚約パーティーの日は(くしくも初雪の日)、ユジンは
チュンサンそっくりの人に出会います(このシーンはほんとうにロマンティック!) 
彼は後にミニョンと言う名でユジンの仕事仲間になります。高校生の時からライバル
的存在であったチェリンはミニョンをユジンに取られまいと必死で、ユジンとの婚約を
こわされたサンヒョクもユジンとは絶対別れないと言って病気になってしまうのです。
ミニョンは自分がチュンサンであるという記憶が全くなく、ユジンもそんなミニョンが
チュンサンだと確信が持てない時に二度目の事故が起きます。必死の看病を続ける
ユジンに意識が戻ったミニョンはユジン‥と彼女に呼びかけます。記憶を取り戻した
チュンサンはユジンと春川に思い出をたどる旅に出掛けます。

この頃サンヒョクの父チヌとミニョンの母ミヒの関係が少しずつ明らかにされ、
チュンサンととユジンが兄妹ではないかという疑いが‥。事実を知ったチュンサンは
それでもユジンと結婚するつもりで教会へ行きますが、サンヒョクに止められ、
やはりユジンと別れる決心をします。そしてユジンもその事を知りますが、結局
ふたりは兄妹ではなかったのです。そんな頃、チュンサンは脳に病気があることが
発覚してアメリカで手術を受ける為に単身渡米します。それから3年後、ユジンは
設計した家を雑誌で見つけ、その家でチュンサンと再会して永遠の愛を誓います。

「冬のソナタ」は初放送の時から観てましたが、映像がとても美しくて、ストーリー
展開もも二転三転と次はどうなるのかドキドキしながらラストまで引き込まれて
しまいました。せりふと音楽がとても美しくて、サントラは何回聴きましたやら‥ 
両親や友人たちの役割も大きくて、親を大切にするという儒教の精神と、友人たちの
思いやりがとても新鮮でした。韓国の初雪の意味や、初恋を印象付けるポラリスの
ネックレス、美しい教会のシーン、素敵なマフラーの巻き方など映像、ストーリー
俳優、音楽、全てにパーフェクトなドラマだと思います。



生きかた上手

日野原重明著

日野原重明氏は今年93歳になられる今もお元気にお仕事をされています。
90歳のバースデーにはN響室内楽団の指揮をされていつまでもチャレンジ精神が
旺盛な方です。心と身体、両面から若い人たちの指針となる生きかたをされて
います。本の中の心に残った箇所を少し書きます。

人生で大切なことは“耐えること”‥子育ても病気も耐えて待つことから成果が得ら
れます。他人の痛みに対する思いやりは自分が苦しい時に他人から受けた思い
やりを通して育ちます。死を前にしても人に微笑することで、生の最後の瞬間まで
人に何かを与えることができる‥すばらしい教えだと思います。

隣人愛はキリスト教の教えでチャリティは「慈悲心、博愛、思いやり」は限られた
特定の人ではなくすべての他者の幸せを願う、もっとも深く気高い友情です。
チャップリンも言っているように、苦しい時にこそユーモアを忘れないで欲しい‥
ユーモアの語源はラテン語の体液でユーモアは人生に欠かせないもの。
笑顔は神様が人間に与えて下さった素敵な贈り物です。

子供に自分の生き方を恥じないで語れるかどうか‥子供たちにも様々な年齢層の
人たちと交わることで豊かな感受性を育てて欲しいものです。教室は教える場でなく
共に学ぶ場です。生徒1人1人の才能を見抜いてそれを伸ばすことが教育です。
Don’t do からLet’s doへ導くことです。
いつも平静の心を忘れず自分のモデルとなる人を見つけ、勇気とユーモアを忘れ
ないで「今」と言う瞬間をいきいきと生きて欲しいと書かれています。

日野原重明氏は90歳にして現役で医療と講演に活躍されています。
この本は人間の生と死、幸福、生きる意味などとても穏やかな文章で
述べられています。気持ちの持ち方次第で人は幸せにも不幸にもなるし、
人は弱いからこそ寄り添って生きたいし、孤独に生きるよりも
人とのコミュニケーションを育むことが大切などとても暖かい人柄が
滲み出ています。

小さい頃から病弱でピアノを弾くことが大好きな方なので、病気の治療に
音楽療法を取り入れておられます。特別な才能がなくても人に奉仕する
ことは十分可能で、自分の能力を社会に役立ててこそ生きる価値が
あると書かれています。

無駄な延命治療は病人を苦しめるだけで老衰の死は苦しみがなく
迎えられるそうです。最後に「ありがとう」と感謝の言葉を残して天国に
行かせてあげたいと書かれていますが、これはキリスト教に通じる
精神ですね。

期 別

パク・ヨンハ

「冬のソナタ」のサンヒョク役でファンをとりこにした
パク・ヨンハさんのファースト・アルバム「期別」のCDです。
全部で12曲収録されていますが1曲目と11曲目は
「期別」の韓国語と日本語バージョンです。

「期別」(キビョル)とは突然の別れという意味だそうです。
悲しい恋の別れを切々と素直な情感を込めて歌っています。
12曲目の「初めて出逢った日のように」はドラマ「オールイン」の
主題歌です。ドラマは未見ですが歌を聴いていると見たくなりました。

日本語のレコーディングは大変だったみたいですが、これからも
俳優として歌手として活躍して頂きたいと心から願っています。

秋の童話

監督 ユン・ソクホ

出演 ソン・スンホン

ソン・ヘギョ

ウォンビン

オータム・イン・マイ・ハート

優しい両親と兄ジュンソの愛情に包まれ幸せに暮らしていた14歳のウンソは交通事故がきっかけでクラスメートのシネと病院の産婦人科で取り違えられたことが発覚します。両家庭はショックを受けるが、裕福なウンソの両親はシネとウンソふたりとも引き取りたいと申し出るが、ウンソは貧しい実母のもとに行きます。

10年後ウンソはホテルで働き、ジュンソはアメリカから帰国してユミと婚約します。ホテルの御曹司テソクはウンソを好きになり、自分の部屋のメイドにするがウンソは彼のことを好きになれないのです。やっとの思いで、ジュンソとウンソは再会します。ふたりは幼い頃から兄妹の関係以上の情愛を感じていたのです。やがてふたりの関係が知られると駆け落ちをして、テソクもユミもショックを受けます。

テソクはウンソを心から愛してることを告げるが、ウンソはかたくなに拒んでいます。やがてウンソが白血病に冒されていることを知ったテソクは一人で苦しんでいる彼女を献身的に看病します。家族に告げてもジュンソだけには秘密にされ続けます。危篤になってやっとジュンソが病院にやって来ると、奇跡的に元気を取り戻したウンソは彼と帰宅しますがふたりの思い出の海で彼女は息を引き取ります。

「冬のソナタ」の前のユン・ソクホ監督の四季シリーズの第1作目です。
紅葉の美しい映像と禁じられた遊び、ショパンの別れの曲が効果的に使われていてドラマを盛り上げます。少女時代のウンソがとても素晴らしくて育ての親と別れるシーン、生みの親の元に戻るシーンは泣けましたね。ジュンソは子供の頃から優しく、大人にになっても優柔不断なところが災いしていると思いました。ウンソを一途に愛し、無償の愛を捧げるテソクを演じたウォンビンが男らしくて素敵でした(ファンになりました笑)ウンソが病気になってから、少しストーリーが単調になってしまったのがちょっと残念だったと思います。



続・生きかた上手

日野原重明著

ネタバレがあります




冬のソナタ


 

監督 ユン・ソクホ

ネタバレがあります

ネタバレがあります

夏の香り

監督 ユン・ソクホ

出演 ソン・イェジン

ソン・スンホン

リュ・ジン

ハン・ジヘ

出演 ペ・ヨンジュン チェ・ジウ パク・ヨンハ パク・ソルミ 

(全18話)

(全20話)

(全20話)