女神の恋

監督 柴田岳志
脚本 田淵久美子
出演 松本明子
    山口祐一郎
    辰巳琢郎
    愛華みれ

食品メーカーに勤める独身OL、末松吉子は宮崎県高千穂のコテージで休暇を過ごすことに。そこに予約の手違いでSF小説家、小田龍之介と同じ屋根の下で泊まることになってしまう。思いどうりにはいかない人生を送っているふたりが、様々なできごとを通して愛を深めていく。

祐一郎さんのファンになって、人気の高い作品と知り、すぐにDVDを購入しました。本当に素敵なドラマでしたよ。宮崎県高千穂のモダンなコテージを舞台に、まるで二人芝居を観ているようでした。ふたりのやりとりが楽しくて笑えて、でもお洒落で粋な会話の数々。祐一郎さんは、舞台俳優さんらしく、めりはりの効いた台詞回しが美しくて素敵なんですが、松本明子さんも彼と堂々と渡り合って、見応えがありますね。ストーリーも良質です。オードリー・ヘップバーンに憧れていた吉子は、彼女のようになりたいと思うところから勘違いの人生が始まります。でも龍之介と出会うことで、最初はけんかばかりしていたふたりですが、お互いの人生に少しづつかかわって、支え合う中で本当の自分を見つけていきます。そのプロセスがユーモアを交えながらも、丁寧に描かれていて見応えがありますね。「篤姫」の脚本家、田淵久美子さんの脚本が素晴らしいですね。

龍之介には別れた妻との間に倫伝くんという男の子がいますが、彼を交えての3人の生活も楽しくて、でもホロリとさせられる場面もあり、龍之介のパパぶりも必見です。どのシーンも大好きですが、いちばん好きなのは、ふたりが初めて空港で出会うシーンですね。龍之介が登場の瞬間、彼に魅了されてしまいました。なんて素敵なお声って思いましたよ。アクションも洗練されていて、ちょっとした動作やせりふも魅力的です。キッチンでのシーンが多いのですが、龍之介のお料理の腕前がすごいです(祐一郎さんは撮影が上手だから、そんな風に見えると、おっしゃっていましたが)印象に残ったのは「人はやっぱり人と関わって生きていかなければいけないんだね」という龍之介のせりふです。別れた妻役の愛華みれさんがおしとやかで、美しくて素敵ですね。吉子の元恋人役の辰巳琢郎さんは珍しい三枚目の役ですが、良い味を出していました。挿入歌で流れる「Without You」が物語にマッチしていて、ドラマを盛り上げていて素敵。とにかくどのシーンも楽しくて引き込まれてしまいす。落ち込んだ時、癒され元気をもらえるドラマですね。

深山麻子、53歳。大手メーカーの部長として、バリバリ仕事をこなしていたが
ある日突然配置転換を言い渡され、役職定年の身分となってまう。
離婚をして女手ひとつで娘を育て上げ、これからキャリアアップと思っていた矢先のことである。
思い切って会社を辞めてみたものの、新しい仕事はなかなか見つからず・・
娘の出産後の夫の不貞、もと夫や母との付き合いは、いまだ続いて気が抜けない毎日。
どんな苦労も全部背負って生きる麻子も、ついに倒れてしまうが、義母の骨折を機に
人生に何が大切か気づく日がやってくる。

祐一郎さん、久々の出演ということで、毎週楽しみに観ました。定年女子という言葉にも何か
不思議な魅力を感じましたし、私よりは少し世代は下の麻子や友人たちですが
女性として共感できるところがたくさんあって、とても興味深く、考えさせられるドラマでした。
53歳というと、子供の結婚や孫の誕生、親の介護などで大変な時期ですが
麻子はキャリアウーマンとしても輝きたい女性。苦労は、想像以上ではないかしら。
過労で倒れた時に、そばについていてくれた丈太郎(祐さま)が、「麻子さんみたいに、他人にも
一生懸命になる人はいないです」と言って、プリンを食べさせてくれたシーンに涙しましたよ。

娘が嫁いで1人暮らしになっても友人たちや恋人、ボーイフレンドがそばで支えてくれるので
心強いですね。麻子の大学の同級生たちは、それぞれ置かれた環境も違うけれど
比較したりせずに、お互いの幸せを応援したり、助け合ったりして素晴らしいなと思います。
23歳年下の溝口さんから愛の告白をされるなんて、うらやましすぎます・笑
祐さま演じる丈太郎さんは、いつも大事な時に麻子のそばにいるので、気になる存在かも。
祐さまは、ミュージカル俳優さんらしく、台詞もパフォーマンスも美しくて華がありますね☆

義母の登美子(草笛さん)が老人性骨折をして、介護を引き受けたのをきっかけに
これから自分は何をすれば良いのか目覚める麻子が素敵ですね。
登美子の生前葬も、楽しくて勉強になりました。メメント・モリとは死を想えという意味ですね。
人間は、必ず死ぬのだから、いつもそれを忘れずに精一杯、悔いなく生きることの大切さを
痛感しました。最後に麻子と登美子が抱き合うシーンは感動的でした・涙
南果歩さんの、明るく生き生きとした演技に引き込まれました。とても素敵なドラマです。

定年女子

脚本 田淵久美子
出演 南果歩
    山口祐一郎
    草刈民代 
    清水ミチコ
    石野真子
    草笛光子